いよいよラスベガスへ ! 5/15

5月15日(日) 羽田~機中泊~ラスベガス

とうとう羽田へと出掛ける日がやってきた。

Yさんと福島駅に19時に待ち合わせをして、新幹線とモノレールで羽田の国際線ターミナルへ。約束の22時より1時間近く早く着いたので、皆さんはまだだろうと思っていたら、なんともう全員既に着いていた。

しかもなんとS氏がHさんを車で羽田まで送ってくれていたのに二度びっくり。早く着いたので、座席が変更出来ないか係の人に聞いたら満席なので無理だとのこと。ただ待っていてもなんなので早めにチェックインすることに。

搭乗ゲート前で一枚。

搭乗後1時間程でシンプルなディナーが出る。日本時間では午前2時頃だが一応食べてみる。まぁそんなにうまくはなかったかな。御飯はタイ米みたいだったし。

案の定機内ではほとんど眠れなかった。気がつくと首がうなだれていて、はっと我に帰るという繰り返し。

日付け変更線を越えたので、前日の15日の現地時間のPM5時頃サンフランシスコに到着。天気が良く、機上から金門橋がよくみえた。

金門橋が見えたサンフランシスコではトランジットなのに一旦バゲッジクレイムから荷物を受け取り、コネクティングフライトという案内に従って空港内を延々歩き、また荷物を預ける。またまた厳重なセキュリティチェックがあって、一路ラスベガスへ。

空からのラスベガスはまさに不夜城。それまで全くの闇の中を飛んでいたのに突然光の海が現れた。

ラスベガス空港からルクソールまではミニバンタイプのタクシーに乗る。タクシースタンドに並ぶと係の人が人数を聞いて振り分けてくれる。メーターで30ドル弱だったが、80ドルぼられたなんていう書き込みを結構読んでいたので、チップをはずんで40ドル払う。何とも陽気な運ちゃんだった。

ルクソールのホテル外観はピラミッドそのもの。てっぺんからは空に向かって強い光を放っているので夜は遠くからでもすぐそれとわかる。内部も全体的にエジプト調で統一されている。
ルクソールの内部

ルクソール

ルクソールではチェックインまで長い列が。なんとか部屋に落ち着いたがもう11時近かったので、24時間営業のコンビニからサンドイッチや飲み物を各自買って部屋で乾杯して、長い長い今日の旅を締めくくった。部屋の外側の窓は外観通り斜めになっているのは面白い。

ルクソール泊 in ラスベガス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)