モニュメントバレー&アンテロープキャニオン 5/21

<アンテロープキャニオン>
今日はどこにも寄らずペイジを目指す。ペイジにはお昼頃到着し、早速ペイジミュージアムに行き、ツアーの事を聞くと今日はどこもソールドアウトだという。そこで隣りにあったツアー会社に行ってみるとシークレットドライブというツアーが一人90ドルでこれから45分後の13時45分に出るという。少々高いかと思ったが税やドライバーへのチップ、入園料オール込みだというので行ってみることにした。

ここでややこしいのは時差。同じアリゾナ州にありながらサマータイムを導入しているナバホ居留地のモニュメントバレーとここページでは1時間の時差がある。モニュメントバレーの時計のままで来たので腕時計は14時を指しているからツアーはもう出発していることになるが、ここで1時間戻して一安心。まだ出発までちょっと時間ができたので、道路向かいのコンビニでパンなどを仕入れ、簡単に昼食を済ませる。

定時になり、ハマーという全部で12人乗りのゴツい4WDで、我々以外スペイン語?を話す親子と7人で出発する。
キャニオン入口迄は少し歩くページを離れ、しばらく走ると舗装路から鍵の掛かったゲートを開けて、未舗装のダートに入る。どうやら一般車は入れないようだ。そこはとても4駆以外では到底走れないようなダートで、これを30分程走り、ようやくキャニオンの入り口に到着する。ここから10分程歩いていよいよアンテロープのキャニオン入口へ。

ツアーで乗った大型四駆キャニオンの入口にて
午後遅かったので上から差し込む光はなかったがとてもいい感じだった。しかも我々だけの貸し切り状態。思う存分写真を撮った。
キャニオンへの入口

しかしこの車、屋根だけで左右はオープンエアー。これでダートを走るのでもう口の中や身体中に細かい砂が。ただ、若くていかにも陽気なドライバー兼ガイドのおかげで楽しいツアーだった。帰り、サービスなのかこんなとこ行くのという40度はあろうかという急坂や凸凹の川床などを走ってくれた。これはちょっと過剰サービス?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)