シリアライン~フィンランド・ヘルシンキ 5/9

<ホテルからマリメッコ本社へ>
クラウンプラザホテル(Googleストリートビューより)お昼頃、Toolonlahti湖とオペラハウスにほど近いクラウンプラザホテルに到着する。ここから後半の1日がお昼も夕食も各自という全くの自由時間になる。チェックインできたので一旦部屋に入った。ここはこれまでで一番広く、且つアメニティなども充実していた。初めてバスローブが付いて、湯沸かし器や冷蔵庫もある。これまでのホテルは何かしら不足していたが、ここは他にセーフティボックスやスリッパもあって、バスルームも広い。ホテルとしては最終日にしてようやく及第点かも。

外出用の荷造りをして、まずは家内がどうしても行きたかったというマリメッコの本社へ行く事にした。
Hesperian puistoトラム駅の案内板Hesperian puisto駅にて
ホテル近くのトラム駅(Hesperian puisto)からまずはヘルシンキ中央駅へ行き、そこでメトロに乗り換えてヘルットニエミ(Herttoniemi)駅で降りるのだが、ヘルシンキ中央駅はさすがに広く、当初メトロへ乗るのに若干右往左往した。
ヘルシンキ中央駅構内地下鉄の路線図

メトロに乗ってからは特に迷うこともなくヘルットニエミ駅に降り立つ。ここまではまぁ順調だったがこの先がイマイチ良くわからない。ホテルのWifiで行き先案内があるサイトの画面ショットを撮っておいたのでそれを目安に何とか方向を見つけて歩き出す。この先歩いて10分のはずだったがどこでどう間違えたのかいつまで経ってもそれらしい建物がない。何かおかしいと戻ったら90度曲がる分岐があって、それを見落とし真っ直ぐ行ってしまったらしい。20分ほどかかったが無事2時10分ほど前に到着。
マリメッコ本社への道ようやく本社に辿り着く
2時という社員食堂のクローズぎりぎりだったが何とか間に合ってビュッフェ形式の昼食を食べることができた。11ユーロなり。ここはマリメッコの社員食堂だが一般人も利用できる。味もまずまずだった。食べている最中、日本人と思しき二人連れの女の子が来て、2時を過ぎていたのに食べれないか結構頑張って交渉していたが、もう時間切れだからとスタッフに断られていた。いや~間に合って良かった。
マリメッコ本社の社員食堂maritori社員さん(多分)も食事していたテーブルクロスも勿論マリメッコ製

日本語も話せる店員さん昼食後レストランから室内をショップに移動する。まずはカラフルな生地をメートルで買うことに。生地を売るコーナーには専門の若い女の店員さんがいて、我々がこれメートルいくらだろうねとか話していると「メートルXXクローネです」と日本語でいきなり言われ驚いた。聞くと「にほんじんマリメッコだいすき」だそうで、如何に多くの日本人が来ているか想像に難くない。そうこうしているとなんとガイドのM氏が、そして今回同行の方々何組かに会った。本当に日本人は大好きなんだと納得する(私はこのブランドを今回初めて知った)。買い物中一頻り吹雪?というほど雪が降ってきてさらに驚く。まだ冬も同居しているよう。

広い店内 

ここでまた失敗談を一つ。私はこれまでほとんど買い物目的で海外に行ったことはなく、今回初めて家内に付き合ってマリメッコで6万円近くの買い物をした。タックスフリーとするためにはパスポートやそれに代わるパスポート番号がわかるものをと店員から言われたが、経験不足の為せる技。多分いらないだろうとそれらをすべてホテルに置いてきてしまった。残念!次にこういう買い物をする機会があるかどうかわからないが、今回は少々高くついた勉強代ということで諦めることにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)